D7ビザへの道・ポルトガルの銀行口座開設

Freelance
Baiiro Alto / 街角のかわいさ

こんにちは IMANARI です。ここ最近のブログでは、ポルトガルの D7 ビザ取得に関する情報をシェアしているわけですが。今回も D7 ビザ取得のために大切な、ポルトガル銀行口座の開設に関して自分の経験を共有していきたいと思います。

ポルトガルでもどの国でも、銀行口座を開設することって億劫ですよね。日本でも新しく口座を開くとなると時間もかかるし、手続きが大変です。

 Millennium Bank での口座開設

ということでポルトガル銀行口座の開設ですが、自分の場合めっちゃスムーズにいきました。ちなみに口座を開いた銀行は Millennium Bank というところ。ポルトガルの中でも大手銀行のうちの1つです。リスボンだけを見ても、至る所に支店が存在し、その銀行の規模の大きさが見て取れます。

元々は Millennium Bank ではなく、ActivoBank という銀行で口座を開けるつもりでした。というのも ActivoBank は月々の手数料が無料。なので実質、口座の維持費に費用がかかりません。またポルトガル人でない顧客にターゲットを当てているようで、ホームページ上も英語で表示されています。

ある日、リスボン市内にある ActivoBank の支店に口座を開けに行ったところ、すでに長蛇の列ができていました。以前からこの銀行で口座を開けるには、時間と忍耐がかかること、またカスタマーサポートもよろしくないと聞いていました。なので足取りも重く、さらに長蛇の列を見た瞬間、「はい、やめー」と通り過ぎました。

また別日に朝早く行こうと思って街をブラブラしていたら、たまたま見かけた「Millennium Bank」の文字。必要書類だけでも聞ければと思い軽い気持ちでふらっと入ったら、なんとその日に口座開設できるという展開でした。

 口座開設に必要な書類

パスポート
・過去1ヶ月の収入インボイス
・賃貸契約書
・NIF 証明書

あとは担当者の方との一問一答で、その情報を逐一システムに記入してもらうという流れでした。

ポルトガル移住後いちばん最初の手続き NIF - 意外と簡単?
どうも、心配性の IMANARI です。何をするにせよ、いつも心配ばっかしてて先になかなか進めない...この歳になってやっと自分の性格に自ら気づいている今日この頃です。ということで、ポルトガルに引っ越してから一番最初にしなければな...
ポルトガル移住後いちばん最初の手続き NIF ②
こんにちは!IMANARI です。なんだかんだ言って最後の投稿から時間が経ってしまいました。今日の投稿では、前回の NIF (税金者番号) の取得の続きを書いていこうと思います。ポルトガルでは家を借りるにも、銀行口座を開くにも、携...

 口座の特徴・費用

自分はフリーランスとしても口座を取得する必要があったので、このことも担当スタッフの方に相談。(この時点では、自分はまだフリーランス登録をしていません。)その日はとりあえず一般的な口座を開設し、その後フリーランス登録をしてから再度来店し、その口座をフリーランス用に切り替える作業が必要だということでした。

銀行口座は税金の支払いなどの手続きと密接に関連しているため、フリーランス用口座を持っていることが大事と教えてもらいました。

また費用についてですが、口座開設費用はなし。月の維持費は約 5 ユーロで、作った銀行口座から引き落としという流れです。ちなみに口座開設した時点でデポジット 250 ユーロを現金で手渡す必要があります。

また口座開設と同時にデビットカード Multibanco card も作ります。これは後日住所に郵送されてきます。この Multibanco card はポルトガル生活ではめちゃくちゃ重要になります。

D7ビザでポルトガル移住を目指す
2020年3月、コロナが世間を騒がし始めた頃。ポルトガル移住を本格的に意識し始め、ポルトガルビザはどんなものがあるのか調べ始めました。色々と移住方法を調べていたときに耳にしたのが"D7ビザ"というもの。簡単に言ってしまえば...

 Medis 保険加入に関する情報

保険加入も D7 ビザに必要な要項の1つ。担当のスタッフの方が、Millennium Bank とパートナーを組んでいる Médis という保険会社をお勧めしてくれました。実はこの保険会社は前々から自分でも気になっていたもので、後で加入を検討しようとしていたところだったので即答 YES。

D7 では、保険プランに Repatriation(死亡時に関係する保険)が付随していることが条件だというのも読んだので、このオプションをつけました。また元々の保険プランには歯科が入っていないのですが、個人的にこの保険オプションも付けたかったのでプラス。

基本保険料+歯科オプション: 月 70 ユーロ程度(月払い)
Repatriation: 年 120 ユーロ程度(一括払い)

ドイツの保険料と比べると桁違いで安い。費用に関しては年齢や収入によって変わってくるということです。また、申請月に1ヶ月分の基本料が無料になるキャンペーンをしていました。なのでその分実質、銀行口座維持費を1年間相殺したようになりました。なんともラッキーな。

必要書類に関しては、上記で説明した口座開設に使った書類で足りました。正直、細かくどれが必要だったかは覚えていませんごめんなさい。

Baiiro Alto / ストリートの一角でカフェラテを飲む

 まとめ

ということで今回は、ポルトガルでの銀行口座開設と保険加入の手続きの経験談を紹介しました。これは自身の体験談なので、何かを確証するものではありません。

Millennium Bank と Médis 加入の手続き、実質これにかかった時間は 3 時間程度でした。口座開設に加えて保険加入の手続きもしたとはいえ、結構かかったなって思います。ただ、フラッと入った銀行で口座開設+保険加入も終えられたということで、すごいラッキーだったなって思いました。

またスタッフの人もフレンドリーで英語も堪能。自分に合った保険プランを一緒に選んでくれたのが印象的でした。(もちろん支店やスタッフにもよると思いますが)この支店にいたスタッフ全員が英語を話しているのが聞こえてきました。すごい。本当に担当者の方には感謝感謝。何も知らない自分に色々と細かく説明してくれて、不安点を全て取り払ってくれました。

ということで、また次回は D7 取得に関することを情報シェアしていけたらなと思います。

インスタグラムもやっているので、よかったら是非フォローをよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました